症状を把握していることでどんな病気が予測することができる

サイトメニュー

その視力低下は病気かも

目元 急な視力低下で目がおかしいと感じたら、うつ病の可能性があります。精神科や眼科でアドバイスをもらうほか、症状の理解を得られる相談相手を見つけておきましょう。カウンセリングを利用するなど、人と話せる環境を作るのが大切です。

詳しく見る

見た目で分かるのか

視力検査 うつ病の場合は色々な症状が出てくることがありますが、目を合わせないなど、普段とは違って目がおかしいと感じさせることもあり得ます。その際は病院に行って相談する方が良いのですが、通いやすい雰囲気かどうかや、評判が良いかなどを軸にして選びます。

詳しく見る

視界が合わない時は注意

女性 うつ病の初期症状として目がおかしい症状が頻繁に起こることが挙げられ、通院を検討する段階であると言えます。具体的には自律神経が弱り焦点が合いにくくなったり、外の光が眩しすぎたりするように感じるなどの症状が増えた場合が該当します。

詳しく見る

目つきが変わることがある

視力検査 うつ病は、体調不良や不眠などを伴う病気なので、目つきが変わるなどの目がおかしい状態になることがあります。意欲や気力が低下して、無気力になっていたり、目がうつろになっている時は、病気を疑う必要があります。

詳しく見る

症状の種類

目

症状を把握しよう

うつ病は気づきにくい病気の一つだと言われています。いろいろな症状が現れてきてようやくうつ病かもしれないと当人も周りも気づくといったことが多いのです。そのため、気づいた時にはかなり症状が重くなっていることがあります。当然、症状が重いとそれだけ改善するにも時間がかかることになります。できれば早期発見による早期治療が望ましいものです。早期治療をするためには、早めに症状に気づくことが一番です。そこでうつ病の症状をいくつかチェックしておきましょう。症状を把握しておけばいざという時にすぐに気づけます。代表的なものとしてはやる気が出ず憂鬱な気持ちが続いてしまうことです。引きこもりがちになってしまうこともあります。それから、目がおかしいといった症状が出ることもあります。急に目が見えにくくなることがあるのです。また、目がおかしいという症状の中には目つきがおかしいといったことも挙げられます。今までは人と話す時にしっかりと目を見て話していた人が、相手の目を見なくなってしまうことがあるのです。うつ病を発症すると、今までとは人が変わったようになってしまうことがあります。特に今まで活発で明るかった人がその真逆になってしまった場合には注意が必要です。というのも、何事にも一生懸命で真面目な人ほどうつ病を発症しやすいからです。

うつ病を発症したらすぐに心療内科もしくは精神科を受診しましょう。このような専門科にかかることで早急に治療ができます。そして確実に治すことができます。うつ病は治らない病気ではありません。症状が軽ければ薬物治療をしながら日常生活を普通に送ることもできるのです。また、目がおかしいといった症状が出た場合には、通常、眼科を受診することになるでしょう。もちろんそれでも構いません。しかし、うつ病による目の症状は目そのものがおかしいわけではありません。眼科領域ではなく心療内科や精神科領域になることもあります。眼科を受診しても異常がなく、それでも目がおかしいといった症状が続くようなら、心療内科や精神科への受診も検討してみるといいでしょう。このように、うつ病の治療は専門科にかかることできちんと行うことができます。ただし、選ぶ医師や科を間違えてしまうとせっかく治るものもスムーズに改善しません。心のデリケートな病気でもあるので、信頼できる医師を見つけることが何よりも大事です。実績があり評判の良いところを受診しましょう。インターネットで口コミ情報を収集してから選ぶのもいいかもしれません。それから、体験談なども参考にしてみましょう。実際に受診して治った人の体験談はとても参考になります。