症状を把握していることでどんな病気が予測することができる

サイトメニュー

見た目で分かるのか

視力検査

目線でわかる異変

うつ病は決して珍しい症状ではなく、現在では心が風邪をひいた状態と言われるほどメジャーな病気となっています。ただ、発症したばかりの時は本人は全く気づくことがなく、なんとなく変だな、と感じているだけの人もいます。ただ本人はたしかに何も感じていなくても、周りにとっては何か今までとは様子が違うと感じる場合も少なくありません。全く元気がないとか、ミスが増える、疲れやすくなっているように見える、食欲がないなどを感じることもあります。また表情が暗いとか、顔色が悪い、さらに目つきがいつもとは違っていておかしいということもあります。目つき自体はその人によって違いますが、例えば他人と視線を合わせなくなるとか、あまり眼球が動かなくなる、いつも伏し目がちになっているなどです。また視線が動かない人もいますが、やけにせわしなく動く人もいるので、個人差はかなりあります。ただ見ている側としては、どのような状態になっていたとしても、いつもと比べてなんとなく目がおかしいと感じる場合も少なくありません。したがって、目がおかしいなど気になる症状がいくつかある場合は、出来るだけ早く休ませてあげて、さらに専門機関に相談するようにします。そうすることによって、もしうつ病だった場合にも症状の悪化を食い止めやすくなるからです。

目は心の窓であるという言葉もあるように、目を見ればその人の本心がわかると言われることも少なくありません。もちろん全てのことがわかるとは限りませんが、目を見るとなんとなく変かどうかということは多かれ少なかれわかります。うつ病の場合は視線を合わせなくなったり目が動かなくなったりと、明らかに目がおかしいと周りが思う場合も少なくありません。したがって、目を見て気になる症状がある場合は、なるべく早い段階で病院に行って相談する方が無難です。ただ本人が全くうつ病だとは気づいておらず、さらに認めたくないと感じることも少なくありません。したがって普段とは違って目がおかしいからと病院を選ぶ場合は、なるべく通いやすそうな雰囲気のところを選ぶというのも一つの方法です。さらに実際に病院に相談に行ってみて話しやすい雰囲気になっているか、院内の雰囲気は落ち着いた感じになっているかなどもチェックします。うつ病自体は心が疲れてしまっている状態なので、余計な負担をかけたりストレスを感じさせたりすることはできるだけ避ける方が無難です。したがって病院選びをする時はなるべく通いたい、通っても良いと思えるところかどうかということを軸にして選ぶようにします。また、よくわからない場合は周りの人の話を聞いたり、ネット上にある口コミをチェックして選ぶこともできます。