症状を把握していることでどんな病気が予測することができる

サイトメニュー

その視力低下は病気かも

目元

精神が目に影響する

急に視力が落ちたと感じるようになったら、それはうつ病のサインかもしれません。ストレス管理が重要視される中で、うつ病の見極め方も確立されつつあります。その内の一つが目の変化で、心当たりがないのに急に視力低下が発生したりします。人によっては目がおかしいと感じることもあります。これは不安定な精神状態が視神経や自律神経を狂わせるために起こるもので、治療には眼科や精神科の診断が必要です。目がおかしい理由が分からない場合は、まずは眼科を受診しましょう。眼科に行けば検査をしてくれるのですが、原因となるものが見つからないなどで心因的な疾患だと自覚できます。この「心因的疾患の場合は原因が見つからない」ということは覚えておいた方がいいです。いきなり原因不明と言われても落ち着いていられるため、その後の行動に余裕が持てます。症状が判明したら精神科も忘れずに受け、治療に臨むようにしましょう。うつ病由来の視力低下は、治療を続けることで視力が元に戻ってきます。重要なのは精神状態を安定させることで、精神科の受診はそのためのアドバイスを受けるのに必要です。眼科でも目薬などを出してくれるため、診断を受けておくだけでも生活がしやすくなり、精神的な支えにもなります。

うつ病を患ったとき、相談相手が近くにいると心強くなります。とくに視力低下を起こしている場合は普段と見え方が違うことによって車の運転などが制限されるため、サポートがある方が生活がしやすいでしょう。精神的な問題は理解を得ることが難しく、味方がいると感じるかで精神状態や治療のモチベーションも大きく変わります。理解者がいると感じることで不安軽減にもなります。生活に無理が出そうなら、カウンセリングなどで相談するのも有効です。簡単にアドバイスをもらうことができます。眼科の方は今以上に目がおかしい時の相談先になるので、治療の保険として欠かせないと言えます。周りで相談相手のあてがない場合の駆け込み先にもできるので、治療の際はカウンセリングも念頭に置いておきましょう。効果的なうつ病治療には、人と話せる環境作りが重要です。また、生活に工夫を取り入れることで、仕事や家事がしやすくなります。業務がパソコンを使うものの場合、適度に目を休めながら行うのがおすすめです。目がおかしい理由は視力に関わる神経が過度に緊張することであり、目を使わない時間を業務に少し入れるとそれが軽減できます。回復前に目を酷使することで地の視力まで落ちることもあるので、治療中は目を労わることが大切です。